自分で治すチカラを高めるメールセミナー
「​感染症を恐れない私になるための養生法」

​おだやかで、やわらかな「あなた本来の笑顔」を取り戻そう!

2022-04-16-20-22-48-257.jpg

あなたはこんなお悩みありませんか?

✓風邪を引きやすく、常に体調を崩すことへの不安がある

​✓体調が不安で、先の予定が立てられない

✓「やりたいこと」があるのに、すぐにからだがバテてしまう

✓できれば薬に頼らず、元気に過ごしたい

✓自分で自分を守る方法を知りたい

この講座はそんなあなたをサポートします!

動物と似顔絵.jpg

あの頃の私のように、不安や恐れに支配され、
身動きがとれなくなっているあなたに向けてー。

このメールセミナーのご案内にあたり、

今まで話せずにいた昔の私のお話をいたします。

​少し長くなりますが、私の想いをお読みいただけますとうれしいです。

2016年12月、私は心身ともに疲れ切っていました。

鍼灸師になって約7年。

自宅鍼灸院をオープンしてちょうど1年が経つ頃でした。

 

2016年1月、東京・荏原中延の自宅にて「はりきゅうこころ間」という

小さな隠れ家鍼灸院をオープンしました。

 

長年の夢だった自分の鍼灸院。

想いを込めて作ったその場所で、素敵な患者さん方とのいいご縁に恵まれ、

毎日がとても充実していました。

大変ありがたいことに、院は少しずつ忙しくなり、

私は自分のからだを後回しにして、毎日、全力で患者さんに向き合い、治療をしました。

 

私はもともと、からだがそんなに強いわけでも、体力があるわけでもありません。

少しずつ少しずつ、疲れは溜まっていきました。

 

そして、その年の秋を過ぎた頃、左脚と左腕にシビレが出始め、

治療中、立っているのもしんどくなってきたのです。

治療中の姿勢に問題があって、骨盤が歪み、

首と腰がガチガチになっているんだろうと自分ですぐに見当がつきました。

 

お知り合いの鍼灸師の先生にお世話になり、

からだを立て直ししている最中、11月末頃に、風邪を引きました。

私はのどに弱さがあり、いつものどから風邪が始まります。

 

「ご予約が詰まっている。一人で営んでいる鍼灸院だから私の他に変わりはいない。

休むわけにいかない。休めない。1日でも早く治さなきゃ。」

 

自分で鍼やお灸をしましたが、症状はすっきり治まらず。

 

当時の私は、心身ともに疲労困憊で、

からだに本来そなわっている「自分で治すチカラ(自然治癒力)」が

落ち切ってしまっていたんです。

 

私は症状を抑えるために慌てて病院へ行きました。

病院では、抗生物質、解熱剤、のどの痛みや咳、鼻水などを抑える薬、

胃薬、トローチなど、多くの薬が処方されました。

 

「早く治さなきゃ、早く早く!」

しかし、それらの薬を飲むほどに、症状はグズグズと長引き、一層悪くなっていったのです。

 

今では、それが当然だとよく分かります。

風邪の症状は、侵入してきたウイルスとからだが懸命に戦っている証拠。

発熱も、咳も、のどの痛みも「必要があって」からだが起こしているんですよね。

それを西洋薬で抑え込むのは、からだの働きを邪魔してしまうことになるんです。

弱り切っていた私は、自分のからだでそれを体感しました。

 

1か月以上、グズグズと症状が続きました。

更に、からだのチカラが落ちているので、また新たに風邪を引く。

 

このままではダメだ、そう思った私は、漢方薬局を訪ねました。

脈やお腹、舌を見て、体質に合わせた漢方を処方してくださる先生です。

「ああ、これは疲労困憊も困憊!気血両虚だね!(エネルギーも血も不足している状態)」

 

先生は煎じ薬を処方してくださいました。

その漢方を飲んだところ、風邪を引いて以降、

ずっと続いていた胸の辺りの苦しさがすうっと抜けていったのです。

自分自身も鍼灸師でありながら、東洋医学のチカラを改めて体感した瞬間でした。

 

西洋医学の薬は、症状を抑え込む方向に作用します。

対して、鍼灸・漢方などの東洋医学、アロマやハーブなどの自然療法は、

からだに元々そなわっている「自分で治すチカラ(自然治癒力)」を高める方向に働きます。

(西洋医学を否定しているわけではありません。西洋医学には西洋医学のよさがあります。)

以降、私は、普段から東洋医学やアロマやハーブをセルフケアに取り入れるようになりました。


しかし、一時期よりはからだは回復してきたものの

「体調を崩せない、休めない。風邪を引いたらどうしよう」

という不安や恐れがずっとついて回るようになったんです。


新型コロナウイルス感染が流行する数年前、私だけ脳内パンデミックな状態でした。

いつもビクビク。過剰に心配して、自分を守って。

不安や恐れに支配されると、からだは常に緊張状態になり、

余計に「自分で治すチカラ(自然治癒力)」を落としてしまいます。

一度染みついた不安や恐れはなかなか抜けず、その後、数年、そんな調子が続きました。

今ではよく分かります。

目に見えない敵(ウイルスや細菌)を恐れるのではなく、自分のこころとからだを健康に保ち、

「自分で治すチカラ(自然治癒力)」を高めていくことこそが、感染症の何よりの対策になるのだと。

 

そして、私たちは菌に守られ生きていて、それらをことさらに排除するのではなく、

共存することで、健康なからだが作られていくのだと。

 

恐れや不安を手放し、からだとこころをヘルシーに保つには、

からだの働きについて知ること、生活法や食事、そして、様々な養生法の引き出しを

持っておくことが、とてもサポートになるということも体感しました。


今、私は、当時の私のように、

恐れや不安の中で身動きできなくなっているあなたに伝えたいと思います。

身を持って体感した私だからこそ、伝えられることがあると思うんです。

 

恐れや不安を手放して、おだやかでやわらかなあなた本来の笑顔を取り戻しに行きましょう。
このメールセミナーを通し、私はあなたにその方法をお伝えします。

24969701_s.jpg

自分で治すチカラを高めるメールセミナー

「感染症を恐れない私になるための養生法」

期間は3ヶ月。

週1ペースで12回分のメールが届きます。

コンテンツは以下の通りです。

①健康なからだってどんなもの?(自然治癒力・感染症・お薬のお話)
②すぐにできる養生法(食事法・感染症対策のお話)

③すぐにできる養生法(睡眠・運動・感染症対策のお話)

④腸内環境を整えるために(要らないものを出せるからだをつくろう)

⑤腸内環境を整えるために(食品添加物のお話)

⑥腸内環境を整えるために(白砂糖のお話)

⑦腸内環境を整えるために(グルテンのお話)
⑧腸内環境を整えるために(発芽玄米に挑戦しよう)

⑨腸内環境を整えるために(非加熱ハチミツのお話)

⑩東洋医学のお手当(感染症対策のツボ押し&お灸)
⑪自然療法のお手当(感染症対策のハーブ&アロマ)

⑫まとめ~自分で治すチカラを高めるために~

【特典】

メール配信期間中+配信終了から1か月後まで、質問し放題!
講座に関すること、なんでもお尋ねくださいね。
​しっかりサポートさせていただきます!​

感染症をテーマにしていますが、それだけにとどまらず、

自分で治すチカラを高めるセルフケア、食事、腸活などについて

詳しく学ぶことができますため、

できれば薬に頼らずに「自分を元気にしていきたい」と願う

あなたをサポートさせていただけます!

お客さまの笑顔と健康をサポートする、
セラピストさまにもおすすめの内容となっております。

当院の鍼灸治療を継続してくださっている患者さまへ

鍼灸治療とあわせて、セルフケアを学び、実践することで、

より一層「自分で治すチカラ」を高めるサポートをさせていただけます。

第1回メールセミナーの募集は終了いたしました。

次回募集の際は、無料メルマガにて先行してご案内させていただきます。

​上記リンクより、メルマガにご登録の上、楽しみにお待ちくださいね。

20200903_185548.jpg